head_img slinm 3

院長メモについて

当クリニックに関する情報に加え、季節ごとのお肌のお手入れ方法などについて、随時ご案内させて頂きます。

  • 今日の院長メモ

    point01 金沢区医師会の高齢者集団接種に出動し始めて3ヶ月目に入りました。 6月のとある日曜日は、午前中のうちに284名の方がいらっしゃって、ハードでした。ワクチンを心待ちにされていた方々のために頑張ろうと、医療従事者と市の職員が力を合わせ、毎回なんとか乗り切っています。

    さてワクチン接種後に関してですが、当院でも先週1週間でCOVIDアームを2例拝見しました。最初の患者様は、モデルナのワクチン接種7日後で、驚くほど左腕が腫れていて、とても心配しましたが、ご本人は痛くも痒くもないので大丈夫。診てもらって安心したので、2回目の接種も腫れるのは覚悟して打つ≠ニ仰っていました。

    もうひと方は同じくモデルナワクチンを接種10日後で、腫れが自然にひいてきていました。 COVIDアームに関してはまだ不明な点も多いのですが、今後も関連情報を発信し、皆様方のご安心に繋げてゆければと考えております。 残念ながら現状では当院でコロナワクチン接種は行えませんが、休日には金沢区医師会での接種活動に参加し、平日は皮膚病の診療に集中して努めてまいる所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

    2021.07.09

    point01 初夏の爽やかな気候になり、過ごしやすいですね。秋冬から拝見していた乾燥性の湿疹の患者様は、おおむね症状が落ち着いてきました。

    最近では、皮膚科の難病や重症の患者さんを診察する機会が増えています。 類天疱瘡や大きな皮下膿瘍、皮膚サルコイドーシスなど、かつて総合病院で働いていた頃、治療のガイドラインや論文を読み、必死で考えて治療していた難しい疾患の患者様が立て続けにいらっしゃっています。

    総合病院を離れ、診療所で働きはじめた頃は、これらの疾患の患者様を総合病院に紹介するとき、せっかくご来院頂いたのにと、とても心苦しい気持ちになりました。 しかしここにきて以前とは違った捉え方ができるようになりました。 最初の治療で良くならなくても、もう一度当院を再診してくださるのは、頼ってくださっているとも考えられますし、紹介先の総合病院で専門的な治療を受けられたことで、より良い結果になったと報告してくださる患者様もいらっしゃいます。そんな時、紹介先の治療がお役に立てて本当に良かったと感じます。

    専門的、かつ高度な治療は個人診療所では難しい事が多いのですが、近くに信頼のおける総合病院があり、患者様方がより良い治療を受けるお手伝いができるというのは、とても有難いことです。そして自らがこうした恵まれた環境に置かれていることに対していつも感謝の気持ちでいっぱいになります。 ありがとうございます。

    2021.05.17

    point01 おかげさまで当院は無事、開業一周年を迎えることができました。能見台のこの丘の上にはなぜ皮膚科が無いのだろう。もしあればお散歩や学校帰りなど気軽にお立ち寄り頂き、私なりに地域の皆様のお役に立てるのではないだろうか”との思いから、当院の開業を決意いたしました。

    患者様並びに地域の方々にはこれまでのご愛顧、誠に感謝申し上げます。また昨年開業祝いに胡蝶蘭を頂いたのですが、職員のご家族のお手入れのおかげで、今年も美しい花を咲かせてくれました。パティオに置いてありますのでご鑑賞下さい。

    2021.04.01

    point01 高齢者から行われるコロナウィルスワクチンの集団接種ですが、三師会(金沢区の医師会館)で行われる予定のワクチン接種の派遣医に私も応募しています。

    アメリカ医師会誌(JAMA)によると、コロナウィルスワクチンで起こりうる重篤な副反応、アナフィラキシー反応は20万人に1人の確率とのことです。 アナフィラキシーでは発疹が出現することが多い(90%ほど)ので、皮膚科とつながりが深く、総合病院にいた頃は年に何度か診察しており、何かお役に立てるのではないかと思ったからです。

    ただ、当院での接種は、慎重に判断したいと思っています。厚労省のサイトによると、ワクチン接種後15分ほど、副反応が起こる可能性に備えて患者様に待機していただかなければならなかったり、万が一の重篤な副反応に、すぐ対応できるだけの職員指導も必要となります。その他の様々な準備も含め、実際に当院で接種が可能かどうか、現在検討させて頂いております。いましばらくお待ちください。

    2021.02.28

    point01 謹んで新春のお喜びを申し上げます。

    さて、表題の件につきまして、私なりに考察した結果をご報告させて頂きます。 成人アトピー性皮膚炎の治療として当院でも、徹底した保湿の指導とステロイド外用剤の適切な使用をお伝えしておりますが、当院にいらっしゃる患者様はすでにアトピー治療でご高名な先生のクリニックに通院されていたケースが多く、大半の方がご自分の治療法をきちんと理解されているご様子です。

    2020年6月、コレクチム軟膏が販売になったとき、非ステロイドの刺激性の少ない軟膏で、少なくともステロイドでいうリドメックス軟膏くらいの効果があると聞いた時から、とても期待をしておりました。しかし一方、新薬が出たときいつも考えさせられるのは、それを使うと患者さんは今より良くなるのか、何か副作用が出て嫌な思いをされることがないかということです。副作用としては毛包炎が出現する恐れがあるということで、ニキビが出来やすい方には使用しにくいなという印象があり、発売後の調査データを待っておりました。

    結果、1ヶ月間(特に顔や首などに)外用すると、痒みや炎症をしっかり抑えてきれいな肌をキープできるとわかりました。ステロイドを長期に顔面などの皮膚の薄い部分に使用するとどうしても毛細血管拡張や皮膚萎縮が生じてしまうため、これまではプロトピックへの変更をお勧めしてきましたが、今後はコレクチムという選択肢も出てまいりました。先に申しました通り、ご自身が長期のステロイド外用をされていて、ステロイドの効きがいまいちだったり、赤みが消えないなどでお悩みの成人アトピー性皮膚炎の患者様にはお勧めさせていただきます。ただ、こういったお薬の選択は患者様主体でしていただくものですので、あまり変えたくない、と言う方はそのように仰っていただいて結構です。

    2021.01.18

    point01 寒い日々が続きますね。私は寒がりですが、暑がりの職員もいて、仕事中はまだ半袖でも大丈夫と言うので人によって感じ方というのは違うものだなと思っております。

    この11月に原発性腋窩多汗症(脇汗)の薬が保険適用になり、来年の夏にむけて注目なのでお知らせさせていただきます。原発性腋窩多汗症とは、わきの下に原因不明の過剰な発汗が6カ月以上続き、下記の診断基準のうち2つ以上に当てはまる方になります。

    @初発年齢は25歳以下
    A左右対称性に多く汗をかく
    B睡眠中は発汗は止まっている
    C週1回以上多汗のエピソードがある
    D家族にも同じ症状がみられる人がいる
    Eそれらによって日常生活に支障をきたす

    これらの症状を自覚されていても、これまでは制汗剤などで対応し、受診なさらない患者様が多かったのではと思います。ぜひ一度ご相談にいらして下さいませ。

    2020.12.10

    point01 寒くなってきましたね。冬の乾燥対策で、我が家は加湿器を2台稼働していますが、それでも子供の皮膚が乾燥してあれこれ塗るのが大変です。患者様にも保湿の指導が忙しくなってきました。

    また、例年はこの時期になると、皮脂が減るせいかニキビ(ざ瘡)は落ち着いてくることが多いのですが、今年はマスクでこじらせたざ瘡の患者様が多いです。夏から治らないまま、瘢痕になってしまった方もお見受けします。

    当院では、私の青春時代ニキビがひどく、人前に出るのを恥ずかしく思っていた経験から、ざ瘡を治したい患者様を応援しています。今はざ瘡を良くする薬も何種類もあり、色んなパターンの組み合わせがその方にマッチすればとても功を奏します。ざ瘡はご自分に効く薬や合う化粧品を見つけるまで少し時間がかかりますが、効く薬や合う化粧品がわかると、とても楽な気分になります。

    また、規則正しい生活がざ瘡の発生予防につながるため、生活習慣の見直し、改善にもつながります。ただ、ご自分で治したいという意思や根気が必要です。そしてお肌が安定すると気持ちも安定しますから、生活が楽しくなります。私にとっても皮膚科は治っていく患者様の声を聞けることが楽しい仕事です。

    2020.11.01

    point01 今年のインフルエンザの予防接種につきまして、当院のような新規開業医院では10ヶ月前頃のワクチンの予約が必要だったそうなのですが、院長が把握しておらず、薬卸会社(数社)さんからの入荷がほとんどできませんでした。

    年内に万が一、入荷の見込みが立ちましたら早めにHP上に記載させていただきます。お電話でお問い合わせくださった患者様、申し訳ございませんでした。

    乾燥する季節になりました。私は睡眠中口呼吸をしているようで、起きると喉が痛いです。これまでコロナで受診を控えていらした患者様が痒みが辛くなり受診されています。 保湿剤も湿疹を治す薬も夏と冬では異なります。夏には効いていた薬が冬には効きづらくなることもございますので、塗っても痒みが続いていると思われたら早めに仰ってください。

    2020.10.14

    point01 急に涼しくなりましたね。台風の被害が少なく済むことを祈っております。

    毎年、この時期は寒暖差から秋冬の乾燥の時期へ向かい、帯状疱疹や、乾燥肌の湿疹の悪化の患者様が増えていらっしゃいます。 帯状疱疹は痛痒い水ぶくれが出ないと気づかれにくいですが、最初は神経痛のような痛みだけで発疹は出ないことも多々あります。痛みがあって少しでも赤い発疹が出た場合は、お早めに皮膚科へ受診して下さい。帯状疱疹の薬はウィルスの増殖を抑制する薬なので、発疹が出てから1週間以内に内服を開始したほうが効果的です。

    また、自費にはなりますが、帯状疱疹のワクチンも行っております。およそ5年程有効で、帯状疱疹になったとしても軽症で済むと言われています。但し、ワクチンを接種してはいけない病気の方もいらっしゃいますので、受診時にご質問ください。

    なお、先日お知らせしましたイオン導入のトライアルですが、定員に達しましたので終了させて頂きます。近くにお住まいの方々の美容皮膚科へのニーズの高さを感じました。ご協力いただきました患者様、ありがとうございました。

    2020.09.24

    point01 暑さもピークを過ぎましたね。 ふと気づくと今年も日焼けしてしまった自分がいました。慌てて当院唯一の美容機器のイオン導入器に頼ることにしました。イオン導入とは肌に微弱な電流回路を作り、肌のバリア機能を通過させて、有効成分の浸透を促す方法です。

    美容成分は、塗布しただけの場合に比べ、30〜100倍もの浸透力があると言われています。当院で美容液に用いているビタミンCはメラニンの生成抑制作用によるしみやくすみの改善、コラーゲンやエラスチン生成の促進による肌の弾力アップ、皮脂抑制によるにきび予防などの効果があります。

    即効性も高く(色白になったと感じます)、痛みはほとんどないのですが、光治療などに比べると1度では十分な効果が得られないため、1週間に1度、数回の治療を繰り返すとよいと言われています。

    トライアル価格として、最初の5名様のみ、税込1500円で行わせていただきます。施術する看護師がまだいたらない点もあるかもしれませんので、その点ご了承をいただける方、診察時のご予約をお待ちしております。

    2020.09.02

    point01 暑くなり、あせもや虫刺されなど痒みの疾患の患者様が全体的に増加していると感じます。プールに入る前に、水いぼの処置に慌てて来られるお子様もいらっしゃいます。しかし、処置が痛くて子供が泣いてしまうこと、これは皮膚科医にとって不名誉であり、同じく子供を持つ身には辛いことといつも思っています。

    そのため、水いぼの患者様にいつもお伝えするのが、たくさん増える前に早めに取るなら取りましょうということ、麻酔のテープを貼った時間から一定の時間を守って取れる余裕を持った受診をしていただくことです。また、スタッフも予約の際に水いぼの方は必ず時間枠に気をつけるように指導しています。保護者の方と、我々医療従事者がゆったりした気持ちで治療に向かわないと子供は恐れて泣き出してしまうからです。 どうかご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

    2020.07.27

    point01 患者様のご要望にお応えして、 サンソリットのこどもの日焼け止め(25mL/1,980円(税込))と、ロート製薬のハイドロキノンダブルブライトE(6g/2,200円(税込))を入荷いたしました。お待たせしていた患者様、大変申し訳ございませんでした。

    2020.07.01

    point01 開院してもうすぐ3ヶ月になります。開院当初から、イボの治療に通われている方は、今か今かと治癒する日を待ちわびておられるかと思います。私も同じで、患者様が完治して笑顔で帰られるのを一番の喜びにしています。

    イボの治療の最後には、イボが縮小し、ウィルスが浅い所に移動し、普通の皮膚の状態に近くなります。すると、綿棒をあて、深い所まで到達する液体窒素の治療を痛く感じるようになります このため、スプレー(クライオジェットプロ)による浅めの液体窒素の治療をお勧めしています。痛みがかなり軽減しますので、一度お試しになってみてください。もちろん料金も変わりませんし、そして効果もきちんと得られます。

    cjp

    2020.06.22

    point01 近所の方にデストロイヤー(プロレスラーの名前からきているそうです)という変わった品種のジャガイモをいただいたので、コロッケにしてみました。これが、中身は黄色のホクホクの食感で、コロッケにピッタリでした!

    先週末はWEB開催の皮膚科学会総会があり、少しでも時間があればずっと聴講をしていました。新しい知識でてんこもりになりましたので、少し整理してから、診療に役立てたいと思います

    2020.06.08

    point01 クリニックビルは外装工事中ですが、写真の通り当院は営業中です!

    おととい、チャドクガ皮膚炎の患者様がいらっしゃって、今年もそんな季節なのねと思いました。チャドクガ皮膚炎の場合、毛虫の毒のある毛が飛んで、服などに付着し、何かの拍子に毛がバラバラになり、皮膚に刺さって、細かな赤い発疹を起こします。

    この発疹はチャドクガかな?と思ったときは、初期の対応としまして、湿疹の部分にセロハンテープを貼って剥がすのを、繰り返したのち、石鹸で洗浄しシャワーで流すとよいです。 毒のある毛を剥がして毒の成分を洗い流すわけです。それでもこの湿疹はすぐには治らないことも、広がってしまうこともございます。症状がお辛くなる前にご受診ください。

    2020.05.24

    point01 新緑のきれいな爽やかな季節になってきましたね。例年より時間は短いですが、お散歩が楽しいです。先日、ご近所さんにスナップえんどうをいただきました。スジを取って、レンジ可能な容器に入れて、2分で食べられる!のですごく楽チンでした。

    ところで、手足に草木のトゲが刺さったとき、自宅にあるもので取ろうとして余計に深くまで入り込んでしまうことはありませんか?昨日、お散歩で草むらに入っていた娘の手に草のトゲが刺さっていたのですが、自宅にあるピンセットでは取れず、クリニックまで連れて行き、備品のピンセットで除去しました。 棘は刺さったままにしておくと、化膿する原因にもなりますので要注意です。 こういったトラブルの解決も皮膚科にお任せください。

    2020.05.11

    point01 日差しが強くなってきましたね。この時期になると、毎年日光接触皮膚炎の方がいらっしゃいます。原因が日光だけとは言えないのが難しいのですが、悪化のきっかけとして皆様、いつもより多く日に当たったかも…とお話しくださいます。

    治療には2週間から1ヶ月程度はかかるため、どうぞお気をつけてお過ごしください。でも、ふと空を見上げながら、5月の素晴らしい気候を味わうのは、とても気持ちがいいですよね。患者さんのお気持ちもよくわかります。

    2020.04.26

    point01 暖かくなり、体を動かしたくなる季節なのに、運動場もプールもほとんどお休みで、本当に残念ですね。子供達がそこかしこで遊ぶ声が毎日響いています。まだ、能見台は遊ぶところがあるだけでもいいのかも、と思っております。

    運動がお休みの期間に治療されると良いのが、尋常性イボの治療です。手足など蒸れるところに多くできるウィルス性のイボです。治療は液体窒素を当てるため、数日痛くなるので、特に足の治療後は、運動を思いどおりにはできなくなり、途中で治療を断念されている方も多くいらっしゃると思います。

    現在は皆でスポーツを楽しむ事のできない状況ですが、逆に完治に向けた機会となるかもしれません。 完治するにはできれば7〜10日に1回ご来院頂く事が大切となります。痛みに弱い方には軽めに治療することも可能です。治療に関してご質問やご不明な点などございましたら、電話やメール等でもお問い合わせください。

    2020.04.18

    point01 - 開業のご報告 -
    更新が遅くなりましたが、予定通り無事開業いたしました。お世話になった方々に深謝申し上げます。 クリニック内に納まりきらないほどお花をいただきまして、職員と毎日幸せな気分を味わっております。

    緊急事態宣言が出て、色んな先生から大変な時期に開業してしまったね、頑張ってね、と励ましていただき、確かに患者様が少なくてびっくりする日もありましたが、雨降って地固まるとは本当で、職員は結束してこの事態に立ち向かおうとしていて、皆で乗り越えていこうと決意しております。また、コロナ対策としまして電話予約も開始しましたので、是非ご利用くださいませ。 point01

    2020.04.11

    point01 2020年 3月22日:内覧会について
    最近急に春の陽気が続きましたね。桜も咲き始め、開院もいよいよ近くなってきたなと感じます。

    通常は開院の節目として行う内覧会についてですが、色々考えた結果、 当院は、多くの方々が外出を控えていらっしゃる現況で、内覧会を行うべきではないと結論を出しました。

    開院は予定通り4月1日からです。皮膚の症状で悩まれている方は、是非診察に一度足をお運びください。 スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。 point01

    2020.03.22

    point01 2020年 3月 8日:開業準備の進捗状況2
    この一か月は開業準備だけでなく、マスクや消毒の確保、患者様とスタッフの感染対策をどうするかなど考えることが満載で、院長メモの更新が遅くなってしまいました。

    昨日訪れた能見台中央公園では桜の芽がこんなに膨らんでいました。能見台は桜の木の植樹が多く、毎年春を満喫できるのが楽しみです。 point01

    2020.03.08

    point01 2020年 2月 9日:職員募集の終了について
    寒い日が続きますね。数日前、霜柱が立っているのを見つけました。 今日はまた、金沢自然公園に行ってまいりました。紅白の梅が満開でとても良い香りでした。

    さて、当院の職員募集ですが、多くの方々にご応募いただき、誠にありがとうございました。既にホームページを変更しましたが、一度応募を締めきらせていただきます。良いご縁に恵まれた事を地域の皆様に感謝申し上げます。 point01

    2020.02.09

    point01 2020年 1月27日:日曜の診察について
    ご近所さんから立派なカリフラワーをいただきました。(箱ティッシュを上回る大きさ)無農薬栽培をなさっているそうで、いつもいただく野菜が信じられないほどおいしいです。 トマトケチャップとひき肉で煮込んだり、カレーパウダーで炒めて、いただきます♪

    話は変わって、日曜の診察の事なのですが、日曜に診察しても近隣の薬局さんがほとんど空いていないことに気づきました! お薬は翌日以降、薬局に行かなければならないので、患者様に御不便をおかけすることになります。 それなら、日曜に美容皮膚科はどうかしら?と考えましたが、美容の人員を確保して、機械に慣れるのにも時間がかかります。

    いずれにせよ、情報を周知徹底してから始めた方がいいと思い、日曜は暫くお休みの方針にさせていただくことにしました。 ご理解の程宜しくお願い申し上げます。(患者様のご要望がありましたら、順次オープンとさせていただく予定です。) point01

    2020.01.27

    point01 2020年 1月19日:開業準備の進捗状況1
    昨日の雨雪は寒かったですね。今日はお天気が良くなったので、金沢自然公園に行ってまいりました。菜の花が綺麗に育ってきていて、早春の訪れを感じました。

    開業の進捗状況ですが、スタッフの募集につきまして、チラシやHPをご覧になり、早速応募してくださった方がいらっしゃって、嬉しいかぎりです。 これから本募集ですので、当院にご興味のある方、是非ご応募をお待ちしております。 point01

    2020.01.19

    point01 2020年 1月 8日:開院に向けてのご挨拶
    はじめまして。能見台で皮フ科を開業予定の島佳世と申します。現在、施工会社さんや税理士さんと着々と準備しております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    年末は私の父の故郷、長野県に子供達を連れて帰郷しておりました。朝は写真のように霜が降り、綺麗でした。 point01

    2020.01.08

    お問い合わせ

    ご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にご連絡・ご相談下さい。

    icon E-mail : info@noukendai-hihuka.jp
    icon 電話番号045-374-3755
    icon FAX045-374-3735


    ページトップに戻る